浮気の基礎

不倫した夫の「反省」はホンモノか!?言葉に隠れた本音とは?

ある日突然、夫の不倫が発覚したら・・・・

とてもショックですよね?
悔しさ、情けなさ、悲しみ、そして怒り。あらゆるマイナス感情があなたを襲い、その矛先は夫に向かいます。
普通、こういうときの夫は徹底的に謝ります。
「二度としません」と何度も繰り返し言うでしょう。
では、この「二度としません」という言葉、どこまで信用していいのでしょうか?
不倫がバレてしまった夫の本音を、男性目線で解説します。

不倫は繰り返す?

よほど夫婦仲に問題があった場合は別ですが、不倫がバレて謝らない夫は少ないでしょう。
自分が圧倒的に悪いわけですから、平謝りに謝ります。
「もうしません」
「二度としません」
そんな言葉を何度も使いながら。
「ここまで謝ったのだから、もうしないだろう」「いくら謝らせてもらちが明かない」やがてあなたはそう考え、一度この件は幕を下ろします。
ここで終われば一度の過ちで済む話ですし、実際そういうケースもありますよね。
でも、そうはならないケースが多いのもまた事実です。
「もうしない」「二度としない」と言ったにも関わらず、不倫が繰り返されるケースは後を絶ちません。同じ女性と再び、ということもありますし、違う女性と新たに関係を作る、ということもあります。
それでは、「二度としません」と言った夫の言葉は嘘なのでしょうか?

「反省=後悔」になっているかも?

男性サイドから言わせてもらえば「二度としません」と言った言葉に嘘はありません。
少なくとも、そのときの気持ちとしては。
ただし、往々にして男性の「反省」は「後悔」とイコールなのです。
パートナーに不倫がバレてしまったときの男性心理はたいていの場合、「なんてことをしてしまったんだろう・・・」という後悔の気持ちです。
パートナーのことは愛しているし、家庭を壊し失うつもりもない。
軽い遊びのつもりで不倫していたのに、バレたらこんなに騒ぎになるなんて。
これが、不倫がバレた時の男性の本音です。
こうなると、イタズラが先生にバレてしまった小学生と同じです。怒られれば当然、「もうしません」と答えるし、事実そのときはそう思っています。
ですが、しばらくするとまたやりたくなってしまうのです。
怒られた、バレてしまったときの後悔を忘れ、楽しさが優先してしまうのです。
ただし、「一度バレている」という経験値は積んでいるので、今度はバレないようにより気を付けるし、バレた時の謝り方や言い訳も一回目より上手になっています。
結果的に不倫を繰り返してしまい、「反省の言葉なんて嘘なんじゃ・・・」と思われてしまうわけです。

つまり、不倫がバレた時、夫は確かに心から「反省」しているが、繰り返すかどうか、とは別問題なのです。
不倫が発覚した時、ある程度夫に怒りを叩きつけたら、なぜ不倫に走ったのか、どうすれば再発を防げるのか、一緒に考えるといいでしょう。
 

【2020年版】会えるマッチングアプリ10選。

もう我慢できない、タダでバレずに女の子との出会いを増やしたい

 

-浮気の基礎

Copyright© マッチングアプリで気軽な出会いを楽しむ。 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.